back

試合レポート

top
J1第23節・神戸戦=監督コメント

大槻毅監督

3点取られてゼロで終わって、ポストにも2回当たった。しっかりと負けを認めて、明日のトレーニングに向かいたいと強く思っている。ゲームをコントロールすることができず、われわれがボールを保持する時間に2点取られた。しっかりと見直したい。

(関根と宇賀神の位置が逆だったり、前線の顔ぶれが変わっていたが、狙いや出来は?)こういう結果になったので良くはなかった。局面よりもコントロールの部分が大きい。後方の準備も含めて。前線で言うと給水タイムのところまで、前からの守備や後方との兼ね合いがうまくいかなかった。少し配置やボールへの行き方を修正して、ボールを握れたのだが失点し、相手に自信を回復させてしまったのは残念だった。

(浦和の選手の方が芝に足を取られていたが?)滑っていたのは事実。試合前にも確認したし、スタッフからの声かけもあった。滑ることはあることだが適応すること、滑っても立ち上がり次のプレーをすること、周りもそれに対応するということは話しているが、うまくいかなかったことが事実だと思う。

・・・・・・


ログイン・会員登録はコチラから
すべての記事をご覧いただくには、会員登録が必要です。
※既に会員登録済みの場合、ログインを行うことで閲覧可能となります。


(c)REDS PRESS