6対6でのゲーム形式でのこと。杉本健勇に鋭いクサビを通し、杉本のゴールを演出。時には鬼の形相で相手にアプローチし、ゲームが終わったあとも杉本や山中亮輔とコミュニケーションを図りながら、問題点の改善に余念がなかった。鈴木は言う。・・・・・・
会員登録はこちら" />

back

練習レポート|鈴木大輔、自身3度目の広州アウェイゲームへ。守備の要は、すでに“戦闘モード”|レッズプレス!!

top
鈴木大輔、自身3度目の広州アウェイゲームへ。守備の要は、すでに“戦闘モード”

「練習レポート」は、大原サッカー場の模様を、ほぼ毎日更新するコーナーです


決戦4日前だというのに、鈴木大輔はすでに“戦闘モード”に入っていた。

6対6でのゲーム形式でのこと。杉本健勇に鋭いクサビを通し、杉本のゴールを演出。時には鬼の形相で相手にアプローチし、ゲームが終わったあとも杉本や山中亮輔とコミュニケーションを図りながら、問題点の改善に余念がなかった。鈴木は言う。・・・・・・


ログイン・会員登録はコチラから
すべての記事をご覧いただくには、会員登録が必要です。
※既に会員登録済みの場合、ログインを行うことで閲覧可能となります。



(c)REDS PRESS